食事

腎臓病は毎日の食事で治療する|食事療法で症状改善

腎臓に良い食生活

介護

制限の内容

腎臓病とは腎臓の働きが弱くなった状態のことです。腎臓病の検査は尿検査と血液検査があります。尿検査はたんぱくや血液が混ざっていないかの検査です。血液検査ではクレアチニンと言う数値を調べます。腎臓が悪くなっていくとクレアチニンの数値が高くなります。何か体の不調を感じたら、早めに医療機関に行って検査を行いましょう。腎臓病食の基本はたんぱく質と塩分の制限です。しっかりと食事療法をすれば透析を遅らせることもできます。たんぱく質は腎臓に負担がかかります。肉や魚などは食べ過ぎに気をつけましょう。また、塩分の多い食事は高血圧になりやすくなります。高血圧になると、腎臓病が悪化します。普段の料理の味付けは薄めを心がけましょう。また、汁物や漬物などの塩分が多い食品の食べ過ぎに気をつけましょう。また、腎臓病食には十分なエネルギー摂取も大切です。3食きちんとご飯やパンを食べ、油を多く使った食事を作り、カロリーを上げると良いでしょう。

病気が進行したら

腎臓病が進行すると、透析が始まります。腎臓病になると、余分な水分を体内にため込んでしまうのでむくみが出てきます。透析と診断された方は、これらの腎臓の機能が著しく低下している状態になります。現在、ほとんどの方は血液透析と言う方法を行っています。血液透析は血液中にたまった老廃物や水分を取り除き、ろ過した血液を体の中に戻すという方法です。4時間ほどかかり、週に数回の通院が必要になります。透析になると今までの食事の内容が大きく変わります。まず、たんぱく質の制限はほとんどなくなります。しかし、水分とカリウムの制限が始まります。水分をとりすぎると、ろ過しきれなくなり、心臓に負担がかかるので注意が必要です。毎日の体重が大きく増えないように気をつけ、飲んだ水分の量を記録しなければなりません。カリウムは野菜や果物などに多く含まれている栄養素です。カリウムは水に溶けるという性質があるため、茹でるなどしてから調理をしましょう。

献立に工夫が必要です

食事

腎臓病の食事には、たんぱく質やナトリウム、カロリーの量に配慮する必要があります。しかし、これらの条件を満たす献立をつくることは難しいため、腎臓病用に開発された特殊食品を活用するようにします。おいしい食事を摂ることで、治療を前向きに行うことができます。

Read More..

制限によって状態管理

食事

腎臓病がある程度進行してしまうと、治療方針として治癒というよりも、現状の維持や進行を遅らせるという治療方針がとられます。この時に食事による管理がとても重要になり、この食事のコントロールの仕方次第で進行を遅らせる事が可能になりますので医師の指示に従い慎重に対応をすることになります。

Read More..