男女

腎臓病は毎日の食事で治療する|食事療法で症状改善

腎臓に負担が少ないもの

男女

主なポイント

腎臓病の食事にはポイントがあります。まず、たんぱく質の制限腎臓はたんぱく質をろ過する働きをしています。腎臓の機能が低下すると、通常の食事のたんぱく質がろ過しきれなくなります。腎臓に負担をかけすぎないようにたんぱく質の制限を行います。メインの料理になるたんぱく質は少ないと見た目がさびしくなります。満足感にも欠けるので、野菜を組み合わせて、ボリュームを出しましょう。また、塩分の制限塩分は取りすぎは高血圧になりやすくなり、さらに腎臓に負担をかけることになります。汁物や漬物は塩分が多いので食べる量を調節して減塩に取り組みましょう。さらに、十分なエネルギーたんぱく質や塩分の制限をしていくと、おかずが少なくなりがちです。しかし、エネルギーが不足すると腎臓病が悪化しますので食べる量は減らさずに食事をしましょう。

自覚症状

家族に腎臓病の方がいる場合は、食事の工夫が必要です。できる限り、全員同じ食事メニューが良いでしょう。差別を感じませんし、料理作りも楽になるからです。カレーや混ぜご飯はたんぱく質が少なめなのでお勧めです。制限内容は自己判断せずに必ず医師の指示のもとに開始しましょう。腎臓病の症状はあまりなく、気がついたときには進行していることが多いです。しかし、尿の変化は割と気がつきやすいので日頃からチェックしておきましょう。泡立つ感じや色が赤っぽい尿は腎臓病の疑いがあります。尿の量が多すぎたり、逆に少なくなった場合も要注意です。早めに診断を受けると治療も早く始められるので腎臓病の進行を遅らせることが可能です。何か不調を感じたら早めに病院にいきましょう。