男女

腎臓病は毎日の食事で治療する|食事療法で症状改善

献立に工夫が必要です

食事

いくつか制限があります

腎臓病の食事療法における特徴は、たんぱく質とナトリウムの制限、そして、高カロリーです。腎臓の機能がどのくらい働くかによっても異なりますが、たんぱく質の制限は必要です。食事でたんぱく質を摂ると、後にたんぱく質の老廃物が腎臓にたまります。そうすると、腎臓の負担が大きくなってしまうため、制限します。また、腎臓病によって、体がむくんでしまい、体液の量が増えているため、ナトリウムの摂取も制限が必要です。ナトリウムを摂取してしまうと、むくみがひどくなるからです。そして、カロリーですが、これは制限しません。カロリーまで制限してしまうと、体のエネルギーが足りなくなり、代謝がうまくいかなくなるためです。これらの特徴を把握して、食事をつくることが大切です。

特殊食品もあります

腎臓病の食事は、たんぱく質とナトリウムの制限があり、かつカロリーは多く摂るという条件のため、献立に工夫が必要です。調理方法は、素揚げやてんぷら、炒め物など、食材の味を生かしながら、油分でカロリーを補うといった料理がおすすめです。しかし、たんぱく質を抑えながらカロリーは高めにするという献立は、通常の食品だけでは難しいといえます。腎臓病用に開発された特殊な食品を併用することも必要です。この特殊食品のメリットは、献立の幅が広がるということです。特殊食品には、たんぱく質を低く抑えた米飯などもあります。そのため、米飯の分のたんぱく質量をおかずにまわすことができ、満足のいく食事を摂ることができるようになります。