男女

腎臓病は毎日の食事で治療する|食事療法で症状改善

制限によって状態管理

食事

様々な制限が必要になる

腎臓病は早期での自覚症状が殆どない事もあり、発見された時にはかなり進行していることも多くなっています。一度、腎機能が低下をしてしまい腎不全の状態になると改善の見込みは難しいので、腎機能の低下を防ぐ事と腎不全の進行を抑える治療方針が基本になります。治療方針の中でも食事によるコントロールは非常に大切で、食事の内容で予後にもかなり影響は出るといえます。腎臓病患者の食事では、タンパク質・塩分を控える事が基本で、カリウムの過剰な摂取や状況に応じて水分の量も減らす事があります。基本的に塩分のコントロールは難しいですが、摂取が多いと高血圧やむくみの原因にもなりますし、腎臓病の進行を早めてしまうことも考えられますので慎重な対応が必要になります。

工夫でストレス解消

様々な食事制限がある腎臓病患者の食事制限ですが、気をつけたい点や工夫次第で少しはストレスの解消には繋がるのではないでしょうか。タンパク質制限の注意点は、卵料理や肉、魚などのたんぱく質の取りすぎには注意が必要です。塩分の制限では、大抵の人は普通に調味料を使っていればほとんどが塩分の取りすぎになってしまうのではないかと思いますが、腎臓病の場合にはラーメンなどのスープを全部飲んでしまったら1日分の塩分を超えてしまいます。従って塩分の量に関しては特に注意が必要になります。塩分を減らすポイントとしては、唐辛子やこしょうなどの香辛料やしょうがやにんにくといった香味野菜を使う事で味をつける工夫をすると塩分を減らす事ができますし、味にも変化を出せるので食事でのストレスを減らす事ができます。